初期対応が肝心!白蟻駆除のポイント

水回りに発生しやすいシロアリ退治テクニック

白蟻駆除をより早く行なうためのヒント

シロアリによる住宅被害は、なかなか目につきにくいところで進行してしまうことが多いです。被害をできるだけ小規模にするためには、早期発見が非常に重要です。

シロアリに早く気づく2つの方法

羽アリの飛来
羽アリの姿を見つけたときは、シロアリに気づくチャンスでもあります。羽が生えているため、つい他の虫と判断がつきにくくなってしまいますが、アリのボディに四枚の羽がついている特徴的な姿です。羽アリが見つかったということは、近くに巣がある可能性がとても高く、早急な白蟻駆除が必要になっているタイミングでもあります。
蟻道を探す
シロアリは、土や排泄物を使用して蟻道と呼ばれるルートを作り、エサの調達や移動を行ないます。家の基礎や土台の周辺に、土が固まった筋のようなものが作られていたら、それが蟻道です。蟻道が見つかれば、シロアリが活動しているということですから駆除が必要です。種類によっては、基礎や土台が無いところでも蟻道を作るものもいます。

初期対応が肝心!羽アリを見つけた時の対処

作業員

白蟻駆除をよりスムーズに行なうためには、初期対応が非常に重要になってきます。そのため、羽アリを見つけ、それが確実にシロアリであると判断できたら、数匹捕まえておくと、後々駆除業者も判断しやすいでしょう。もちろんクロアリであれば基本的に心配はありませんから、駆除業者の依頼は必要ありません。シロアリの場合は、その種類によって、より適している駆除方法が異なってきたり、同じ工法でも一坪あたりの見積もり料金が変わってきたりするため、業者の判断を仰ぎましょう。

白蟻駆除のプロに確認してもらうことも忘れずに

いきなり業者に確認してもらうのも気が引けるけれど、自分ではどうしてもシロアリかどうか判断できないこともあるでしょう。そんなときは、メールで問い合わせができる業者のコンシェルジュを使用してみると良いでしょう。直接家まで来てもらって、もしもシロアリじゃなかったらどうしようと心配になってしまう人も、写真を添付するメールであれば利用しやすいです。

TOPボタン
シロアリ被害を早期発見|水回りも忘れずに!早期対策が重要な白蟻駆除の基本